スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上部頸椎治療と頸椎ヘルニア 

「頸椎ヘルニアは治りますか?」と言うお問い合わせを沢山いただきます。
たいがいは、メールで経緯と症状をお送りいただくようにお願いしますが、
ご本人にしてみれば手術を宣告されて直接話したいのは当然の事だと思います。

頸椎ヘルニアなどで重症の場合、検査フィルムをご持参いただくか、当院の提携病院で再検査をしていただき
治療が可能かを説明するようにしています。
たいがいは、治療可能で治癒する場合がほとんどですが、残念ながら手遅れの事がある事も
事実です。
早めの頸椎治療の重要性を痛感する瞬間です。

また、頸椎のどの部位にヘルニアがあってもアトラスの治療が不可欠です。

事故の外傷や生まれながらにして、アトラス(頸椎1番)がズレて頭の重心がズレ、
頸椎の椎間板に長期間に負担を強いる事が原因ですので、予兆がなくとも
頸椎の検査を受ける事をお勧めします。

当院の治療は、身体に最小限の負荷で医療が可能ですので、
赤ちゃんからご高齢の方まで安心して治療が受けられる理想的な治療法と言えます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。